So-net無料ブログ作成
検索選択
今月の運勢 ブログトップ
前の5件 | -

今月の運勢:平成23年7月 [今月の運勢]

★このブログに始めてお越しいただいた方は、こちらをどうぞ>>


今月の運勢~気学(九星術)~
平成23年7月(7/7~8/7)
中宮:三碧木星
暗剣殺:一白水星
月破:六白金星


一白水星 昭和20、29、38、47、56、平成2、11、20年生まれ
月運:開運宮+暗剣殺 年運:変化宮
開運宮に入り、やる気が出てくるのですが、
暗剣殺が付いています。
そのため、そのやる気、前向きさは、落とし穴に落ちかねません。
勢いのみで調子に乗って進むと、すべって転びかねません。
万事慎重に、浮足立たず、本道を守っていきましょう。
新規の事は、あとあとやっかな事になるかも、、。
避けた方が無難ですね。
今月は、遊びも控えて、おとなしく過ごしましょう。


二黒土星 昭和19、28、37、46、55、平成1、10、19年生まれ
月運:福運宮 年運:頂上宮
先月に引き続き、幸運月。
福運宮は、向こうから幸運の風が吹いてくる宮。恋愛運も好調。
うれしいニュースや、良い話、良いご縁が入ってくるかもしれません。
ポイントは、その幸運の風を逃さないこと。
見極めとタイミングが重要です。
出る時は出る、行動する時はもたもたせず行動する、です。
また、コミュニケーションもキーワードの月。
人との関わり、人との和を大切にしてください。


三碧木星 昭和18、27、36、45、54、63、平成9、18年生まれ
月運:中宮 年運:困難宮
中宮に入り、いろいろな事がスローになったり、停滞することもあるかもしれません。
元気いっぱい、勢いと行動力のある三碧木星ですが、
今月は凪といったところでしょう。
思うように行かず、イライラすることもありますが、
人に迷惑をかけない形で、発散させてください。
動くよりも、一度立ち止まって振り返ってみたり、
止まる事で物事がよく見えたり、違って見えたりします。
周囲をよく観察する、ということが成長と成功への大切な勉強となります。


四緑木星 昭和17、26、35、44、53、62、平成8、17年生まれ
月運:強運宮 年運:準備宮
強運宮に入り、運気の強さが出てきます。
何かと忙しく目まぐるしく動くこともあるかもしれません。
風の特徴らしく、目標が定まらなかったり、途中で変わったりと、
フラフラしがちなところがあります。
途中はフレキシブルでも構いませんが、
最終地点はしっかり心に止め、
中途半端に変更しないようにしましょう。
睡眠時間は、しっかり取ってください。


五黄土星 昭和16、25、34、43、52、61、平成7、16年生まれ
月運:喜楽宮 年運:開運宮
今まで努力を積み重ねてきた人にとっては、
一定の成果・結果が出る月。
今年前半の締めくくりといったところでしょう。
今月は全開モードではなく、肩の力を抜いて80%くらいの力が吉。
また、趣味や娯楽の時間を取る事も、
精神や心に栄養を与えることになります。
食べ過ぎ、遊び過ぎには、ご用心。


六白金星 昭和15、24、33、42、51、60、平成6、15年生まれ
月運:変化宮+月破 年運:福運宮
足元がグラグラしがちな変化宮にあって、なんだか落ち着かない、
そこへきて月破がつくので、運勢は要注意。
特に忙しくしてきた人は、ここで一休み、パワーを充電しましょう。
先月の勢いで、さらに上に行こうとすると、
思わぬ落とし穴があるかもしれません。
あまり理想や目標を高く持ち過ぎない事。
また、来月に向けての準備の月でもあります。


七赤金星 昭和14、23、32、41、50、59、平成5、14年生まれ
月運:頂上宮 年運:中宮
直感・閃き・頭の良さが冴える月。
特に月の前半に、いろいろな事をこなしていった方が吉。
ゆっくりしていると、停滞気味になってしまいます。
物事が明るみに出る時なので、努力をしてきた人にとっては、
その成果が評価されたり、結果が出たりします。
知りたくない事、隠していた事、思わぬ因縁も明るみに出るので、
その点、注意が必要です。
自分のしたことは、結局自分に返ってくるのです。


八白土星 昭和13、22、31、40、49、58、平成4、13年生まれ
月運:困難宮 年運:強運宮
運勢は一気に低迷、しかしマイペースな八白土星にとっては、
すぐに実感することは、少ないかと思います。
徐々に、なんだか物事がスムーズに流れない、と感じることでしょう。
強運の今年にあって、停滞ムードの4ヶ月に突入しました。
来月は暗剣殺、再来月は月破、その次の月も月破と、凶運月が続くので、
ペースを緩め、慌てず焦らず欲張らず、過ごしましょう。
健康管理も重要です。気の流れが滞りやすいので、
適度な運動を心掛けてください。
夏の暑さには水分補給、身体にこもった熱を発散させる、
といったことが必要です。


九紫火星 昭和12、21、30、39、48、57、平成3、12、21年生まれ
月運:準備宮 年運:兌宮+暗剣殺と歳破
先月の大大凶月を抜け、ちょっとほっとするかもしれません。
先月、体調をくずしたり、物事がうまくいかずダメージを受けた人は、
今月しっかりリカバリーをしてください。
焦りが出やすい時ですが、焦っても大きく前へ進めるわけではありません。
今月は裏方に回り、サポート役に徹して働くことで、
周囲の人からの信頼を得ます。
感謝の気持ちを忘れないことが大切。




★Information★

●【吉方位がわかる開運手帳2011】発売中!>>
毎日の吉方位が、色分けされているので、ひと目でわかります。
もちろん、年盤、月盤も載ってます。
来年3月まで、使えます!

●『風水吉方取りで運を味方につける365の秘術』>>
気学(九星術)・吉方取り専門の、私の別ブログです。
気学(九星術)・吉方取りについてわかりやすく説明しています。
メニューも作ってあるので、見やすいかと思います。ぜひご覧ください。
ペンネーム:相葉貴月でやってます。

●このブログに始めてお超しいただいた方は、こちらをどうぞ>>



nice!(1) 
共通テーマ:占い

今月の運勢:平成23年6月 [今月の運勢]

★このブログに始めてお越しいただいた方は、こちらをどうぞ>>


今月の運勢~気学(九星術)~
平成23年6月(6/6~7/6)
中宮:四緑木星
暗剣殺:三碧木星
月破:九紫火星


一白水星 昭和20、29、38、47、56、平成2、11、20年生まれ
月運:準備宮 年運:変化宮
世のため人のために尽くす、社会貢献、などがキーワード。
一白水星は、来月の開運宮で暗剣殺が付くので、
スタートする為の準備の期間とはいかないからです。
こういう時こそ、一歩引いての行動が、
今はすぐに手に取れるような成果を感じられなくても、
いずれ結果へとつながります。
また、しっかり地に足をつけ、大地からのエネルギーを受け取ってください。
足腰を鍛える運動もグッド。
梅雨の晴れ間は、ウォーキングをするのもいいですね。


二黒土星 昭和19、28、37、46、55、平成1、10、19年生まれ
月運:開運宮 年運:頂上宮
活発で前向きなエネルギーが出てきて、運気は上向き。
新規に物事を始めるには、良い月です。
普段ゆっくりペースの二黒土星ですが、
今月は積極的に行動をしていきましょう。
また、今まで水面下で努力してきたことが表面化し、
認められる時でもあります。
自らそれをアウトプットするのもよいでしょう。
待っているのではなく「自ら」がキーワード。


三碧木星 昭和18、27、36、45、54、63、平成9、18年生まれ
月運:福運宮+暗剣殺 年運:困難宮
今月は暗剣殺が付くため、注意が必要。
思わぬ落とし穴があったり、信頼していた人から裏切られたり、
聞いていた事と情報が違っていたり、
いろいろあるかもしれません。
おいしい話には乗らないように。
石橋をたたいて渡るという行動で行きましょう。
おちょうし者は、控えましょう。


四緑木星 昭和17、26、35、44、53、62、平成8、17年生まれ
月運:中宮 年運:準備宮
中宮に入り、いろいろな事がスローになったり、ストップすることもあるかもしれません。
つねに風のようにふわふわ吹いていたい四緑木星ですが、
今月は凪といったところでしょう。
動くよりも、一度立ち止まって振り返ってみたり、
止まる事で物事がよく見えたり、違って見えたりします。
いかに止まるか、ということも大切ステップのひとつです。


五黄土星 昭和16、25、34、43、52、61、平成7、16年生まれ
月運:強運宮 年運:開運宮
強運宮に入り、またまた五黄パワーに勢いがついてきます。
何かと忙しく目まぐるしく動くこともあるかもしれません。
すぐに結果が出ないと、イライラするこかもしれませんが、
今は結果を得る時ではないので、その辺はド~ンと構えていましょう。
強くなりすぎると、敵が多くなったり、人が離れていくので、
優しい思いやりの気持ちは、つねに忘れずにいましょう。


六白金星 昭和15、24、33、42、51、60、平成6、15年生まれ
月運:喜楽宮 年運:福運宮
今まで努力を積み重ねてきた人にとっては、
一定の結果を実感出来ることでしょう。
今月は全開モードではなく、肩の力を抜いて80%くらいの力が吉。
また、趣味や娯楽の時間を取る事も、精神や心に栄養を与えることになります。
生真面目な六白金星ですが、今月は剛より柔を大切に、
遊び心をを持って取り組むのもいいですよ。
いつも笑顔を絶やさずに!


七赤金星 昭和14、23、32、41、50、59、平成5、14年生まれ
月運:変化宮 年運:中宮
足元がグラグラしがちな変化宮にあって、
なんだか落ち着かない、何がどうなのかわからないけど、
なんとなく不安定だったりします。
しかし、今あわてて変化を起こしても、上手くいきません。
冷静に客観的に物事を見つめ、現実的な分析をしましょう。
無意識に言ってしまった一言が、相手にとっては大きなことで、
結局自分に返ってくることに。。。
言動には十分お気をつけください。


八白土星 昭和13、22、31、40、49、58、平成4、13年生まれ
月運:頂上宮 年運:強運宮
直感・閃き・頭の良さが輝く月。
今月は大いに活躍できることでしょう。
物事が明るみに出る時なので、努力をしてきた人にとっては、
その成果が評価されたり、結果が出たりします。
普段、何事もあまり表に出したがらない八白土星ですが、
自分の考えや気持ちをはっきり表現したほうが吉。
しかし、隠しておきたい事がある人にとっては、要注意ですね。


九紫火星 昭和12、21、30、39、48、57、平成3、12、21年生まれ
月運:困難宮+月破 年運:兌宮+暗剣殺と歳破
火が水の場所に入り、九紫火星の炎をバシャっと消され、さらに月破が付く、
年運も大大凶ということで、踏んだり蹴ったりの月。
もがけばもがくほど傷口を広げたり、事態を悪化させたりします。
本道だけを無難にこなし、嵐が過ぎ去るのをじっと待ちましょう。
休みや睡眠時間を多めにとって、英気を養いましょう。
こんな時、勉強をしたり見分を広げるのは良いことです。




★Information★

●【吉方位がわかる開運手帳2011】発売中!>>
毎日の吉方位が、色分けされているので、ひと目でわかります。
もちろん、年盤、月盤も載ってます。
来年3月まで、使えます!

●『風水吉方取りで運を味方につける365の秘術』>>
気学(九星術)・吉方取り専門の、私の別ブログです。
気学(九星術)・吉方取りについてわかりやすく説明しています。
メニューも作ってあるので、見やすいかと思います。ぜひご覧ください。
ペンネーム:相葉貴月でやってます。

●このブログに始めてお超しいただいた方は、こちらをどうぞ>>



nice!(0) 
共通テーマ:占い

今月の運勢:平成23年5月 [今月の運勢]

★このブログに始めてお越しいただいた方は、こちらをどうぞ>>


今月の運勢~気学(九星術)~
平成23年5月(5/6~6/5)

今月は、五黄土星中宮の月。
ですから、各星が自分の本拠地に入ることになります。

吉運と言われる宮でも、
凶運と言われる宮でも、
自分の本拠地なので、
自分らしくいられたり、
ほっとできたりすることでしょう。

また、五黄土星が中宮ということは、
五黄殺と暗剣殺がないということ、
したがって、吉方位が多くなります。

引越しや長期の旅行でなければ、月盤と日盤の吉方位だけでもOKなので、
吉方取り旅行がしやすいと思います。
月盤の吉方位が吉方位となる日を選べばよいのです。


一白水星 昭和20、29、38、47、56、平成2、11、20年生まれ
月運:困難宮 年運:変化宮
運気は停滞しますが、ここでゆっくりリセットしましょう。
少しペースを落として、体調を整えたり、
振り返って問題点を見つけ、改善策を考えたり、
後回しにしていた事をやったり、
いつもやらない部分を掃除したり。
前へ進むことより、
浄化したり中身を充実させたりするとよいでしょう。


二黒土星 昭和19、28、37、46、55、平成1、10、19年生まれ
月運:準備宮 年運:頂上宮
世のため、人のために尽くす二黒土星の良さが発揮され、
社会に貢献し、多くの人の助けとなるでしょう。
前へ前へ出るのではなく、一歩引いての行動が、
今はすぐに手に取れるような成果を感じられなくても、
いずれ結果へとつながります。
しっかり地に足をつけ、大地からのエネルギーを受け取ってください。
また、たまには自分へのご褒美をあげ、
心と身体を満たすことも必要です。



三碧木星 昭和18、27、36、45、54、63、平成9、18年生まれ
月運:開運宮 年運:困難宮
元気いっぱいのエネルギーが出てきて、運気は上向き。
新規に物事を始めるには、良い月です。
積極的に行動をしていきましょう。
ただし、ベース(年運)は困難宮なので、行きすぎ、調子に乗り過ぎはNG。
常に相手の事、第三者の事を考え、
人との和を大切にする行動が必要です。
来月は暗剣殺が付くので、今月やるべきことはやってしまった方が無難。


四緑木星 昭和17、26、35、44、53、62、平成8、17年生まれ
月運:福運宮 年運:準備宮
四緑木星の風らしく、さわやかに軽やかに行きましょう。
福運宮という名のごとく、福が向こうからやってくる好運の時、
対人関係も活発で、人間関係の幅も広がることでしょう。
ただし、迷いやすい、足元が不安定という弱点があります。
あまり迷ってばかりいると、幸運はどこかへ吹いて行ってしまうので、
決める時には決める、行動する時にはする、
という心構えで!


五黄土星 昭和16、25、43、52、61、平成7、16年生まれ
月運:中宮 年運:開運宮
中宮に入り、ここで一休みの期間に入りました。
今年から吉運年に入った五黄土星ですが、まだ始まったばかりです。
吉運とあれば、すぐに最高のものやすべてを求めたりする、
「極端」という性質をもつ五黄土星ですが、まだ始まったばかりです。
今が頂上ではありません。まだ山のふもと近くなのです。
一歩引いた所から自分自身や周りの状況をを見極め、
次に何をすべきかを、計画を練り、準備するのもいいですね。
今月は、ちょうどよい休息月と言えます。


六白金星 昭和15、24、33、42、51、60、平成6、15年生まれ
月運:強運宮+月破 年運:福運宮
強運宮に入り運は強いはずですが、
月破が付いているため強さの吉効果が出ず、
物事が破れやすい、思ったように行かない凶運月。
焦れば焦るほど、新しい事をしようとすればするほど、
ほころびは大きくなっていきます。
また、忙しいだけで結果が出にくい時でもありますが、
多くを期待せず、地道にコツコツやっておきましょう。


七赤金星 昭和14、23、41、50、59、平成5、14年生まれ
月運:喜楽宮 年運:中宮
今まで努力を積み重ねてきた人にとっては、
一定の結果を実感出来ることでしょう。
今月は全開モードではなく、肩の力を抜いて80%くらいの力が吉。
また、趣味や娯楽の時間を取る事も、精神や心に栄養を与えることになります。
もともと遊ぶ事が大好きな七赤金星ですが、なんでもほどほどに、
遊び過ぎ、ハメをはずし過ぎにはご注意ください。


八白土星 昭和13、22、40、49、58、平成4、13年生まれ
月運:変化宮 年運:強運宮
足元がグラグラしがちな変化宮にあって、
八白土星にとっては、本来の場所でもあり、安定感があります。
ふだん、心の中には不安をいっぱい抱えている八白土星ですが、
山の象意らしく、ど~んとしていたいものです。
しかし、時として、
大きくゴソっと全部がひっくり返るような変化を起こすことがあります。
今まで努力を重ねてきたけど、思うよな結果がでなかった人、
どん底のどん底にいて、どんなに努力しても八方塞がりだった人、
にとってのみ、起死回生チャンスの時となるのです。


九紫火星 昭和12、21、39、48、57、平成3、12、21年生まれ
月運:頂上宮 年運:兌宮+暗剣殺と歳破
大大凶年と言われる中でも、今月は本来の自分の場所に帰り、
ほっとできる月。
いつもの閃き・感の良さも戻ってきます。
精神的な疲れがたまっているので、
心の重荷をおろして、明るく軽い気持ちになりましょう。
物事が明るみに出る時なので、
努力をしてきた人にとっては、その成果が評価されたり、
結果が出たりします。
しかし、隠しておきたい事がある人にとっては、… ですね。




★Information★

●【吉方位がわかる開運手帳2011】発売中!>>
毎日の吉方位が、色分けされているので、ひと目でわかります。
もちろん、年盤、月盤も載ってます。
来年3月まで、使えます!

●『風水吉方取りで運を味方につける365の秘術』>>
気学(九星術)・吉方取り専門の、私の別ブログです。
気学(九星術)・吉方取りについてわかりやすく説明しています。
メニューも作ってあるので、見やすいかと思います。ぜひご覧ください。
ペンネーム:相葉貴月でやってます。

●このブログに始めてお超しいただいた方は、こちらをどうぞ>>



nice!(2) 
共通テーマ:占い

今月の運勢:平成23年4月 [今月の運勢]

★このブログに始めてお越しいただいた方は、こちらをどうぞ>>


今月の運勢~気学(九星術)~
平成23年4月(4/5~5/5)


一白水星 昭和20、29、38、47、56、平成2、11、20年生まれ
月運:頂上宮 年運:変化宮
頂上宮は火の宮、一白水星の水とは相剋関係。
一白水星にとっては、何かと激しい場所とも言えます。
特に頂上宮に入った時は、早めの行動が吉。
先延ばしにしていた事は、いっきにかたづけてしまいましょう。
また、今まで水面下で努力してきた人にとっては、
結果が出たり、成果が認められる時。
ただし良い事も悪い事も明るみに出やすい時ですから、
人によっては注意が必要ですね。


二黒土星 昭和19、28、37、46、55、平成1、10、19年生まれ
月運:困難宮 年運:頂上宮
先月の元気のよい頂上宮から困難宮=厄月ということで、
いっきに勢いがおちる感があります。
ただ、もともとじっくり確実ペースの二黒土星ですから、
慌てずゆっくり行動すれば、問題はないことでしょう。
困難宮にいる時は、勉強や研究、自分磨きにチャンスの時。
また、物事ひとくぎりつけたり、リセットする人もいるでしょう。
二黒土星の人はストレスを内に溜め込みやすいので、
ストレス発散、自分のメンテナンスに時間を取るのも必要ですね。


三碧木星 昭和18、27、36、45、54、63、平成9、18年生まれ
月運:準備宮 年運:困難宮
桜の花が咲くように、春の日差しを感じる月。
気持ちも前向きになり、エネルギーが出てきます。
ただし、運勢的には本当の春がやってきたわけでなく、そのちょっと前段階。
芽を出すために、しっかり力を蓄え、良い土を育て、準備をしましょう。
ちょっと良い雰囲気だと、ついつい調子に乗りがちな三碧木星ですが、
はやる気持ちを抑え、周りを見ながら進むことで吉運を呼び込めます。
また、人のために力をつくしたり、裏方に回った方が吉の時。


四緑木星 昭和17、26、35、44、53、62、平成8、17年生まれ
月運:開運宮 年運:準備宮
開運宮という幸運の月がやって来ました。
今月は積極的に行動に移して吉。
今まで準備をしてきた人は、それを実行に移す時です。
新しい物事、情報、人との出会いもあるかもしれません。
風の良さを十分発揮して、間を取り持ち、動いていきましょう。
迷いの星と言われる四緑木星、でも今月はガツンと迷わず行ってください。
ただし、軽はずみな約束はNG。責任ある行動が良い関係を生みます。


五黄土星 昭和16、25、43、52、61、平成7、16年生まれ
月運:福運宮 年運:開運宮
先月の開運宮に続き、福運宮という名のごとく、福が向こうからやってくる好運の時。
対人関係も活発で、人間関係の幅も広がることでしょう。
年運も大吉で、その後押しもあり、最も強い星と言えます。
今月中に、やれる事はやっておきましょう。
恋愛運も好調。出会いのチャンスがあります。
ただし、福運宮は、迷いやすい、足元が不安定という弱点があるので、
この点をしっかり押さえ、油断をしないように。
また、あまり調子にのって殿様気分になっていると、周りの人から反感を買う事に。
人への思いやりの心を大切にしましょう。


六白金星 昭和15、24、33、42、51、60、平成6、15年生まれ
月運:中宮 年運:福運宮
中宮に入り、ここで一休みの期間に入りました。
動き続けてきたのに、止まらざるを得ない状況に、という人もいるでしょう。
一歩引いた所から自分自身や周りの状況をを見極め、
次に何をすべきかを、計画を練り、準備するのもいいですね。
真面目に物事を続け、手を抜くのが苦手な六白金星、
ガンガン忙しく働いてきた人にとっては、身体も心も休める時です。
今は「柔よく剛を制す」の気持ちで、心を穏やかに柔らかく過ごしましょう。


七赤金星 昭和14、23、41、50、59、平成5、14年生まれ
月運:強運宮+暗剣殺・月破 年運:中宮
強運宮だけど、暗剣殺と月破が付き、1年の中で最も要注意の月。
年運が中宮ということもあり、とにかく冷静さが大切。
新しい事には手を出さない方が賢明。
また、契約事も今月は避けた方が無難です。
あなたを急かす人には要注意です。
こういう時は、このままではいけない、と焦りやすいのですが、
今は無理をしないで、現状維持を心掛け、
普段やるべきことを、コツコツとやっていければOKくらいの気持ちで。
ケガや体調不良にも、注意しましょう。


八白土星 昭和13、22、40、49、58、平成4、13年生まれ
月運:喜楽宮 年運:強運宮
喜楽宮は、収穫の時でもあります。
今まで努力を積み重ねてきた人にとっては、
一定の結果を実感出来ることでしょう。
今月は全開モードではなく、80%くらいの力が吉。
やりすぎ、頑張り過ぎは、ポキッと折れてしまいます。
また、趣味や娯楽の時間を取る事も、精神や心に栄養を与えることになります。
そんな時間も大切にしてみてください。


九紫火星 昭和12、21、39、48、57、平成3、12、21年生まれ
月運:変化宮 年運:兌宮+暗剣殺と歳破
先月の大凶月を抜け、ちょっとほっとできますが、
変化宮に入ると、足元、地盤が不安定になり、どこか気持ちが落ち着きません。
まだまだ油断は禁物といったところでしょう。
先月、ダメージを受けた人は、心と身体を癒す時間を取ってください。
特にそんな時間を取っていただきたいのが、この方:枝野幸男さん。
彼は、本命星:九紫火星なんです。(菅さんもだけど。)
不眠不休で働き続けた枝野さん、
どうか体調を考えて、今後の日本のためにも、
少しお休みを取っていただきたいと思います。
そんな九紫火星です。









nice!(1) 
共通テーマ:占い

今月の運勢:平成23年3月 [今月の運勢]

今月の運勢[ぴかぴか(新しい)]~気学(九星術)~
平成23年3月(3/6~4/4)

今月の月盤は、今年(平成23年)の年盤と、まったく同じなのです。
ですから、
今年の運勢の傾向が、くっきり出る、
今年の運勢が、この1ヶ月に集約されている、
ように感じられます。

特に注目したいのは、九紫火星。
今年、暗剣殺と歳破が付く、大大凶年。
今月も暗剣殺と月破が付くわけですから、
1年の中で最も気をつけたい1ヶ月と言えます。

3年間大凶年が続いた五黄土星は、今年は開運宮、
そして今月開運宮に入り、本格的な吉運到来といったところ。
本来の力が出てきた五黄土星もたくさんいらっしゃることだと思います。

また、年盤と月盤が同じということは、
吉方位、凶方位も同じということ。
したがって、年盤・月盤とのに吉方となる吉方取りのチャンスの月なのです。


一白水星 昭和20、29、38、47、56、平成2、11、20年生まれ
月運:変化宮 年運:変化宮
変化宮に入ると、足元、地盤が不安定になり、どこか気持ちが落ち着きません。
季節も春ということでソワソワしがち。
「このままではいけない、何か変えなくては、新しいことをしなくては」
でも今月は新しい事をするのではなく、今までやってきたことを着実に育て、
中身を充実させ、しっかり力を蓄えましょう。
ただし、今まで自分の力を出せなかった人、どん底にあった人にとっては、
起死回生、一発逆転のチャンスの時。
年運も同じなので、特にどん底だった人は、がんばり時。
ガラッと自分を変え、積極的に出て行きましょう。


二黒土星 昭和19、28、37、46、55、平成1、10、19年生まれ
月運:頂上宮 年運:頂上宮
頂上宮は火の宮ということもあり活気に満ち溢れています。
特に頂上宮に入った時は、早めの行動が吉。
いつもゆっくり派の二黒土星ですが、直感を働かせ、機敏に行動しましょう。
また、今まで水面下で努力してきた人にとっては、
結果が出たり、成果が認められる時。
ただし良い事も悪い事も明るみに出やすい時ですから、
人によっては注意が必要ですね。
ばれたら困る事がある人は、早めの対策を!


三碧木星 昭和18、27、36、45、54、63、平成9、18年生まれ
月運:困難宮 年運:困難宮
今月は、厄年中の厄年と言えます。(年内にもう一度ありますが。)
いつも元気いっぱい、勢いのある三碧木星ですが、
今月はそのパワーに少し陰りが出ることでしょう。
でもそれを前向きにとらえ、むしろ冷静沈着さを学び、
一歩ずつ確実に物事を行い、人からの信頼を得る努力をしましょう。
困難宮にいる時は、勉強や研究、自分磨きにチャンスの時。
また、物事ひとくぎりつけることになる人もいるでしょう。
エネルギーは落ちているので、体調管理には十分お気をつけ下さい。


四緑木星 昭和17、26、35、44、53、62、平成8、17年生まれ
月運:準備宮 年運:準備宮
まさに春の日差しを感じる月となることでしょう。
気持ちも前向きになり、エネルギーが出てきます。
ただし、まだ本当の春がやってきたわけでなく、そのちょっと前段階。
芽を出すために、しっかり力を蓄え、良い土を育て、準備をしましょう。
風の象意を持つ四緑木星は、気分屋で気まぐれなところがありますが、
それを控え、一つずつ着実に、確実に、物事をこなしていきましょう。
努力を積み重ねることが、将来へつながっていきます。
また、人のために力をつくしたり、裏方に回った方が吉。


五黄土星 昭和16、25、43、52、61、平成7、16年生まれ
月運:開運宮 年運:開運宮
頂上宮+歳破、困難宮、準備宮+歳破と3年続いた大凶運期を抜け、
待ちにまった吉運がやっとやって来ます。
長く厳しい冬が終わり春を迎えるかのような好運で、物事を始めるには最もよい時です。
特に今まで準備をしてきた人にとっては、チャンス到来。
この好運期を逃さないようにして下さい。
パワーのある五黄土星ですから、一気に進みたくなりますが、
この時期は新芽で弱いところもあるので、一歩一歩確実に進むことが大切。
また、本来の五黄土星の帝王の性質が行きすぎると、
周りが引いてしまいます。
人との和を大切に、思いやりの心で行動しましょう。


六白金星 昭和15、24、33、42、51、60、平成6、15年生まれ
月運:福運宮 年運:福運宮
福運宮という名のごとく、福が向こうからやってくる好運の時。
平成22年の開運宮から続いている、順風満帆、生き生きとした盛運期です。
対人関係も活発で、人間関係の幅も広がることでしょう。
今、もっとも乗りに乗っている星と言えます。
今月中に、やれる事はやっておきましょう。
恋愛運も好調。結婚を望んでいる人にとってはチャンスです。
ただし、福運宮は、迷いやすい、足元が不安定という弱点があるので、
この点をしっかり押さえ、油断をしないように。
また、あまり考え方を硬くしていると、好運の風に気づかなかったりするので、
頭と心の柔軟性が大切。


七赤金星 昭和14、23、41、50、59、平成5、14年生まれ
月運:中宮 年運:中宮
このところ好調だった七赤金星、その波に上手く乗ってきた人にとっては、
さらなる発展を期待するかもしれませんが、ここで一休みの期間に入りました。
動き続けてきたのに、止まらざるを得ない状況に、という人もいるでしょう。
ガンガン忙しく働いてきた人にとっては、身体も心も休める時です。
来月は暗剣殺と月破が付き、凶運が続くので、
今は無理をしないで、現状維持を心掛け、
心を穏やかに、一歩引いた所から自分自身や物事を見極め、
何をすべきかを、冷静に判断して行動しましょう。
焦りは禁物です。


八白土星 昭和13、22、40、49、58、平成4、13年生まれ
月運:強運宮 年運:強運宮
強運宮は、自ら動いて勝ち取っていくという意味があるので、
積極的に行動し、努力することが重要です。
山の象意を持つどっしりした守りの八白土星ですが、
攻めの姿勢も大切。一歩前へ出ましょう。
ただし、過ぎたるは及ばざるがごとしと言うように、
やりすぎ、頑張り過ぎは、ポキッと折れてしまいます。
適度に力を抜きながらコントロールするよう心がけましょう。
また、人との和を大切にして下さい。


九紫火星 昭和12、21、39、48、57、平成3、12、21年生まれ
月運:兌宮+暗剣殺と月破 年運:兌宮+暗剣殺と歳破
最初にも申し上げましたが、何十年に一度かの大凶運年の中、
もっとも凶運の月。
嵐が過ぎ去るのをじっと待つように、
無理な行動、頑張り過ぎ、いつもと違った事は避け、
とにかく現状維持を心がけます。
特に、言葉には注意が必要。悪意がなくても、そう取られてしまったり、
知らないうちに、相手を傷つけてしまったり。
いやみな言葉、失礼な言葉は結局自分の運気を落とすことになります。
また、無駄遣い、大きな買い物も避けた方が賢明。




nice!(1) 
共通テーマ:占い
前の5件 | - 今月の運勢 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。