So-net無料ブログ作成

吉運の時 [吉凶]

ある日、お世話になったR先生に質問しました。

「凶運の時って、いろいろ気をつけることがあるけど、
吉運の時は、どういうことに気をつけたらいいのですか?」

吉運の時は、何も気にしなくていいんだよ。
思うように、やりたいようにやると、それがうまくいく。
それが吉運の時の特徴。
下手にどうこうしようとしない方がいいよ。」

なあ~るほど~。
吉運の波に乗るようなものなんですね。

でも、いつが吉運かを知ることは必要だと思う。

それが、何も情報がなくても、なんとなくわかる人もいます。

ただ、私のような凡人はわかりません…。
だから、いろいろな情報(占い)から知った方が、自信になると思います。


タグ:吉運

共通テーマ:占い

方位の吉凶 [吉凶]

このところ、吉凶とeasy-hard(difficult)について語ってきました。
単に吉凶だけではないのでは、とかなんとか。

しか~し、方位の吉凶に関しては、
吉は吉、凶は凶、大凶は大凶

厳しさや困難は伴うけど、自分の成長のために大凶の方位を使うわ、
な~んてことは断じてありません!!

気学(九星術)の三大大凶方位、
五黄殺・暗剣殺・破
は絶対使いません。

また、運勢が凶の時に、
厳しさや困難は伴うけど、無理をしてでもチャレンジするわ、
なんてことも、おすすめしません。

大凶の時って、ハリケーン(台風より強烈)が来ているようなもの。
その中を、あえて選んで出かけていく必要はないかな。
どうしても行かねばならぬ、というのなら別でしょうが。

方位や運勢の吉凶は、たとえば天気予報みたいな感じ。
あえて最悪の天候の場所に行く必要はないし、
そんな時に出かけることもない。
少し待てば天気も良くなり、楽に出かけられるでしょう。

運勢の場合は、「少し」ではなく、もっと長く待つことも多いですけどね。

また、雨が降ることを天気予報で知っていれば、
傘を持って出かけることもできるでしょう。



えっ? 天気予報は当たらない?
そうかもしれませんね(笑)


タグ:吉凶

共通テーマ:占い

吉凶 [吉凶]

たとえば、紫微斗数で健康運が大吉とします。

大吉なんだから、

持って生まれた健康な身体。
努力しなくても健康。
暴飲暴食、乱れた生活をしたって大丈夫、

だって健康運が大吉だから。

そういう訳でもないようです。

健康運が大吉の人は、
人一倍健康に関心があり、気をつけていて、それをコツコツ続ける。
健康に対して、スムーズにエネルギーを注ぎ、努力ができる、
その結果、健康、ということのようです。

(西洋占星術でも、健康運は第6ハウスで見る。
第6ハウスはコツコツやる仕事・作業を表すハウス。なるほどです。)

もちろん、肉体は遺伝的要因が多分にあります。
しかし、持って生まれた要因が大吉でも、
日々の取り組み方、関わり方で、変わってきます。

大吉=たなぼた ということではありません。

吉とは、その事柄に対して健全かつ建設的なエネルギーを注げる、
と見ることもできるかと思います。

共通テーマ:占い

easy-hard3 [吉凶]

四柱推命や紫微斗数では、吉凶という考えがベースにあります。
この関係は吉/凶
この星は吉/凶
あなたの〇〇運は吉/凶
※平もありますが。

たとえば、
紫微斗数では、各星に◎〇△×(廟びょう◎ 陥かん× 旺おう〇 失しつ△)が付き、
吉凶が決められます。
これは決定事項で、変えられません。
凶は凶として見ていきます。

しかし私はeasy-hard(difficult)という考え方、見方を
四柱推命や紫微斗数に入れることができるのでは?
いや、そういう見方でも見ていきたいな、と考えています。

たとえば健康運が凶。
だから病気がちでもしょうがない、だって生まれ持った運命が凶なんだから、
それは変えられないのよ。

確かにそうかもしれない。
でもだからこそ人一倍健康管理に取り組むことで、
大きな難(大難)が小さな難(小難)になるかもしれない。
そこに取り組むことが、
この人にとって何らかのテーマだったり、課題だったりするのかもしれない。

そしてその経験・学びが、この人の強みとなり、
今度は他の人の役に立つようになるかもしれない。

吉でも凶でも、無限の可能性がある。
そして占いでは出てこない、プラスX

そんなことを大切にしながら、勉強し、鑑定をしています。




共通テーマ:占い

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。