So-net無料ブログ作成

五術 [五術]

中国占術に五術というものがあります。
五術は、命(メイ)・卜(ボク)・相(ソウ)・医(イ)・山(サン)の五種類の術。

とは、生まれた日時から人の宿命を占う術。四柱推命・紫微斗数などがあります。

とは、偶発的に出る結果から占う術。易がこれの代表です。
たとえば、「なくしたお財布は出てくるか」といったことは、四柱推命などではなく易などで見ます。

とは、さまざまな物の姿と形で占う術。
相学と呼ばれ「印相・名相・手相・人相・家相・地相・墓相」があります。

とは、病気の治療を行う術。鍼灸治療と漢方薬治療があります。(気功施術も?)

とは、自分で行う健康法・養生法で仙道(センドウ)とも言います。
レベルの高いものになると、仙人になるための修行法となります。

初めの3つ、命・卜・相は占い。
医・山は健康法。
そして、五術全部できて一人前と言われています。

日本では、命・卜・相(占い)と医・山(健康法)は、別のものと考えられていますよね。
しかし、両者を学んでみて、本来切っても切れない関係だと実感しています。

たとえば鍼灸・漢方において、相学は非常に重要、
人の身体に現われるさまざまな兆候(脈・お腹・舌・背中・顔・皮膚…その他いろいろ)
を見て、身体の状態を鍼灸・漢方的に判断し、治療をしていきます。

また、命:四柱推命や紫微斗数から、
その人が持って生まれた身体の特徴、弱いところ、なりやすい病気などがわかり、
治療の参考になったりします。

ただし、私は卜占(ボクセン)で病気を占ったりはしていません(笑)。
ちゃんと診て治療をします!

そしてこの五術、人様の健康、幸せをサポートするためにあるものなのです。


タグ:漢方 鍼灸 五術

共通テーマ:占い

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。